働き方改革が進めばなぜ会社は成長するのか

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

働き方改革が進めばなぜ会社は成長するのか

という話をしたいと思います。

 

働き方改革を進むと
労働時間が短くなったりして
生産性が上がるのかもしれないけど

それで本当に会社が
成長するのかということを

働き方改革を進める前の
経営者の皆さんは
疑問に思われることが
あると思うのですが、

実は働き方改革というのは
前からお伝えしているように
自発的な組織にならないと
進みません。

自発的な組織になるとは
どういうことかというと

例えば商品開発だったりとか
営業だったりいろんなところが
自発的に動くようになる
ということです。

自発的な組織になると
働き方改革も進みますし、

なんとかという取り組みも進み、
なんとかということも進む、

という風になります。

だから自発的な組織にすることで
成長する、つまり

「働き方改革が進むと成長する」

という構図になる
ということです。

 

働き方改革を進めることが
会社の成長を阻害するのではないか
営業時間が短くなるなど

そういういろんな制約が出て
上手くいかなくなるのではないか
今うまく回ってることが
回らなくなるのではないか、

という風に思う経営者さんも
たくさんいらっしゃるのでは
ないかと思います。

しかし実は反対なんだ、
ということを
覚えてていただきたいと
思います。

 

ぜひ働き方改革を進めて
自発的な組織にする
ということを通じて

業績を伸ばすということに
着手していただきたいと
私は思ってます。

 

いかがだったでしょうか?

何かご意見、ご感想をお待ちしております。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です