働き方改革を進める具体的な方法はあるのか パート2

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは
前回に引き続き

働き方改革を進める具体的な方法はあるのか

という話をしたいと思います。

パート2です。

 

前回、
実は働き方改革を進めていく
特別の方法はない

というお話をしました。

しかし
「ないです」では困るし、
じゃあどうすればいいんですか

という話になるわけですが、
一言で言うと

特別な方法がない
というだけです。

 

ですから
業務改革を進めるとか

日々業務改善をするとか

皆さんが働いてらっしゃる
環境の中で自分たちの仕事を
変えていくという活動を

されていると思うんですけども、
基本はそれと同じです。

 

働き方改革という
特別なものではなく

自分たちでどういう風に
業務を効率化するのか

どんなふうに業務を改善するのか

ということの延長線というか、
それと同じ形で

要は少ない時間で
早く帰れるようするには
どうしたらいいのかとか

そういう風にやっていくだけだと
思うのです。

だからポイントは
ビジョンと目標設定だと

私は思っています。

例えばビジョンと目標設定
ということであれば

皆さんがどういう状態で
働けてたらいいのか、

どんな状態というのは
そこで働いている人たちの気持ちや
そこで働いている人たちの
心の余裕などです。

そういう数字で測れないような
状態を表すようなもの。

 

もう一つの目標設定は
何時間でこの仕事が終わるかとか

1日の仕事をどれぐらいの時間内で
収めることができるか

一週間の労働時間はどれぐらいで
収めることができるようになるのか

などです。

この目標設定は

どんな状態で
どれぐらいの時間設定で
1日の仕事が収まるようにする
一週間の仕事が収まるようにする

と決めて、
その目標に向けて
どうしていけばいいか

という話し合いをする
ということが方法だと
思うのです。

こうやって喋ると
特別なことではないと
思うんですけれども

是非こういうことだと
思って進められると

いいんじゃないかという風に
思っています。

 

いかがだったでしょうか?

何かご意見、ご感想お待ちしております。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です