「任せられない人」へのアドバイス

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

任せられない人へのアドバイス

という話をしたいと思います。

 

士業やコンサルタントの方が

外部から多く受ける相談の

ひとつのが

「どうやって任せたら

いいのでしょうか?」

「任せられない人に

どんなふうにアドバイスしたら

いいのでしょうか?」

です。

 

私もちょくちょく

聞かれることでもあるので

この話をしたいと思います。

 

任せられない人へのアドバイスには

3つのポイントがあります。

 

任せようとしている人の強みと

任せようとしてる仕事の質量、

そしてその人に対する任せ方の

3つです。

 

任せられない人に対して

アドバイスする際に

この3つを伝えることが

大事なことなのです。

 

人の強みと仕事の質というのは

その人の強みと

任せようと思ってる仕事の

質や量があってるかどうか

できる可能性が高いかどうかです。

 

こういうことをちゃんとを

客観的に見てあげて

今これを確認することが

大事ですよ、ということが

アドバイスのポイントです。

 

任せ方とは、

その仕事を相手に

どうやって任せるかという

表現の仕方や伝え方です。

 

これがちゃんとできるようになると

任せられるようになりますよ、

ということになります。

 

単純に相手にやりなさいと言って

やってもらえるのであれば

それでもいいかもしれないけれども

任せる時にどんな風に任せるかも

是非覚えていただきたいと思います。

 

その際は今回話した3つのポイントを

押さえてください。

 

 

いかがだったでしょうか?

何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です