サーバントリーダーシップを実践するためのスキルとは

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

サーバントリーダーシップを
実践するためのスキルとは

というお話をしたいと思います。

 

前回、
サーバントリーダーシップの
お話をしました。

ゴールは示すけれども
メンバーに目標達成についての
やり方を任せる、

加えて

そのメンバーの人が
実現に向けて動くことを
サポートするというのが

サーバントリーダーシップ
というお話でした。

じゃあこれをやっていくためには
どうしたらいいか。

それはもうズバリ
コーチングのスキルが
必要になります。

サーバントリーダーシップを
実現しようと思うと

コーチング力を高めない限り

サーバントリーダーは務まらない
という風に思っています。

 

コーチングというものの基本的な形が

このサーバントリーダーシップの
定義されているものと同じ形なので、

サーバントリーダーシップを
高めようとすると

コーチングをしっかり学んだり
実践するということが

大事なのではないかと思っています。

 

このサーバントリーダーシップ、

ゴールを指し示した上で
メンバーの人達に
自主的に動いてもらう

その目標達成に自分から動いてもらう、
そして目標達成のサポートする

この様な
マネージメントを
やっていきたいということであれば
経営者自身が

コーチングをしっかり学んだり
考えたり身につけていくことを

少しずつでもやっていく
必要があると思っています。

 

いかがだったでしょうか?

何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です