士業・コンサルは「中期的視野を鍛える」役割

日本で唯一、
売上を上げる

チームビルディングコンサルタント
の石見です。

今日のテーマは、

中期的視野を鍛える役割

というお話をしたいと思います。

士業やコンサルタント、コーチの方の
経営者、経営幹部との関わりの中で

大事な役割の一つが

中期的視野を鍛えるという役割

という事です。

つまり、私は

経営者、クライアントさん先に
2~3年先の中期ビジョンを持って頂く

という事が、
大事な役割の一つなんじゃないかな

と思っているのです。

実際、私自身は、

そういう事を考えながら、
もしくはそういう役割があると思って、

普段から、
コンサルティングだったり、
相談に乗っている事が多いのです。

そこで、
中期的視野と考えた場合に、
2~3年かなと思っています。

短期的というのは、
1年もしくは半年という事だと思いますし、

長期的な視野というのは
5年とか10年という

会社が大きく進んでいく
ビジョンの事だと思うのです。

経営者の中でも

短期的な半年とか1年という事に
ちゃんと目が届く

という事は
もちろん出来る人も多いですし、

5年とか10年という長期的なビジョンを
ちゃんと見据えて動けるとか、

そういう事をちゃんと考えていこう、
会社のビジョンとかミッションを考えよう

という人はいるのです。

しかし、

2~3年の中期ビジョンを
上手く重ねていく、

順番に考えていく、

つまり

1年と10年を結ぶ
その2~3年を考えていく事が、

どうも苦手な経営者さんが結構多い

と私は思っています。

なので、
この2~3年の中期ビジョンという事を、

ちゃんと描いてもらうとか、

考えてもらうとか、

なんなら、

2~3年の事業計画と
アクションプランのアイディアみたいなのを

ちゃんとリストアップして
表にしてみるとか、作成してもらう

という事を

やる必要があるし、
やってもらっても良いのではないか

と思っています。

大事な事は、

そのような
中期的な視野を鍛える

もしくは、
そういう事をきちんと持ってもらって、

1年と10年を結ぶということを
私たちは意識してやっていく必要がある

という事です。

ぜひ、そういう相談に乗って頂きたい
と思っています。

いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です